大協薬品はどんな会社?

採用についてのお問合せは TEL:0256-53-2333 まで

Home > 採用情報 > 大協薬品はどんな会社?

大協薬品はどんな会社?

大協薬品の歩み

当社は、1978年に医療機関への医薬品卸販売の会社として設立しました。
その後1983年に家庭薬としての配置販売を開始。また医薬分業の背景のもと、1993年より燕市・西蒲原地区を中心に調剤薬局8店舗を展開し、地域医療への貢献を目指してきました。
2005年にデイサービス及びショートステイが利用できる「老人介護施設たがみの里」を開設し、介護事業へ参入いたしました。
それは、お客様や地域の方々から「介護サービスを利用したいが施設がない」、「満床でなかなか利用できない」との声が聞かれるようになり、そんな皆様の要望に応えるためでした。
2007年にはデイサービス利用者の増加に伴い、「デイサービスセンター第2たがみの里」を開設いたしました。
さらに、終身で利用できる施設があれば・・・という声に応え、2009年に「介護付有料老人ホーム
ゆとり」を開設するに至りました。

全てはお客様の笑顔のために

当社はお客様の様々なニーズに対して応えられるよう、フットワークの良い会社組織を目指し、発展を続ける企業です。
そして当社を利用される方や地域の皆様が安心して健康に過ごしていけるように、生き生きと笑顔で元気に過ごしていただけるように、調剤・介護の各分野で協力し合い、市町村・医療機関と連携してサポートしてまいります。

こんな人に来てほしい!

道端の草花には雑草という名ではなく、それぞれちゃんとした名前が付いています。
雑用と言われる仕事も大切な仕事であり、無駄なものはありません。
お客様に喜んでいただくために、どんな仕事でも進んで一生懸命取り組むことができる人。
どうすれば役に立てるのだろうか、と自分なりに考えて行動しようとする人。
利用者様・患者様から笑顔を引き出すことで自分も幸せになれる人。
一緒に働いて協力・喜働しませんか!?

Home > 採用情報 > 大協薬品はどんな会社?

このページの先頭に戻る